ロマンスの夜明け

海外ロマンス翻訳小説紹介、ゲーム、ときどき雑記も。

見逃していた6月発売のロマンス小説:誓いは夏の木陰で 著)メレディス・デュラン

多佳子です。

本屋に行ったとき、
「あ!」と思わず声を上げそうになりました

海外ロマンス小説、新刊発売のご案内です





うっかり見逃していましたよ~ライムブックスさん

今日本屋によれてよかったです;^^) 

ここのところ、
海外ロマンスの勢いが減ってきた感じがします。

もしかして、ネタ切れ?!(苦笑)

一応、ですが、
わたしが気にしている作家さんはニュースレターをとっています。

数日前は、エリザベス・ホイトさんのニュースレターがきました。

新刊発売予定と、発売した本のご紹介でした。

エリザベスホイトさんの作品は、ヒストリカルロマンスが多いです。

 














わたしの殿堂入りのお気に入り↓

6年前の作品。
あのときは、衝撃的でした。




発売している海外ロマンスも、
タイトルがちょっとね~というのが、あったりもしますが;^^)

これはわたしの好みですので、
仕方ないのだけれども。

スーパーナチュラル系も、うんと減ってしまったし。
 
売れ行きの問題もあるでしょうが、
このまま、海外ロマンスが自然消滅はしてほしくないところです。