ロマンスの夜明け

海外ロマンス翻訳小説紹介、ゲーム、ときどき雑記も。

表紙も見逃せない!感情を盛り上げる海外ロマンス表紙

このブログで人気な"海外ロマンス・勝手にランキングシリーズ"

今回はお気に入りの表紙シリーズでいきたいと思います。
好きな作家さんの場合は、タイトルみなくても、新刊ならば迷わず買いですが、初めて買う著者の場合は、判断に迷います。そこで、判断の決め手となるのは、【タイトル】【イメージ写真】。少なくとも、わたしにとっては、買うかどうかの"決め手"にしています。もちろん内容が面白くないとダメですが。

しかしながら、タイトル…ここがしっかりしていないとダメです。
原題と比べると、ときには邦題のほうが断然、センスを感じたりします。そういうときは、「いいね!」と思わず拍手を心の中で送っていますよ…さらに、このブログでオススメしてしまいます。

作品によってイメージがよすぎる場合があります。明らにかけ離れていると、「内容と写真とぜんぜん違うじゃないか~!」という文句も言いたくなります。そういう作品は、海外ロマンスでは少ないですけどネ。

海外ロマンスでは、挿絵等一切ないのが特徴。誰かのイラストが入るとイメージ固定してしまいます。海外ロマンスは、読みながら、ロマンスを創造することで、読み手の情緒を盛り上がるのが一番楽しめる読書です。ここが不完全燃焼だと、あまり面白みがなくなります。なのでタイトルと写真は大事・大事・大事(3回もいいましたよ)


そのうちお気に入りベストをまとめてみようかな、と思います。