ロマンスの夜明け

海外ロマンス翻訳小説紹介、ゲーム、ときどき雑記も。

【ロマンス小説】アメリカン・ロマンス小説の定義

アメリカには、"Romance Writers of America"という、ロマンス作家を紹介するサイトがあります。

そこで定義している「ロマンス」について紹介します

"米国ロマンス作家団体"によると、"ロマンス小説には、2つの要素で基本的に構成されている。ひとつ目は、ラブストーリー中心であること、2つ目は、情緒的な満足感とハッピーエンドである。"としている。物語の葛藤とクライマックスが、直接的に関係しているものでなければならない。恋愛関係の発展のテーマが核である。しかし、物語にはサブ・プロットが含まれることもあり、メインキャラクターの恋愛とはあまり関係しないことがある。その他の定義では、ロマンス小説には、寛大であることだ。たとえば、プロットや結末、ふたり以上登場人物や、物語を狭まめること、恋愛や衝突内容は、限定されている。
(原文参照:goodreads


原文直訳に若干意訳を加えたのですが、少し分かりにくいところがありました。

もう少し分かりやすい説明を見つけ、原文を直訳しましたので紹介します

"ロマンス小説とは、"恋愛中心の物語”とし、"気持ちの満足感と楽観的な結末"であることです。物語の文調や形式、国や時代は自由に設定できます。さらに、さまざまな官能レベルを含むことができます。たとえば、軽いものから超ホットなものなど。さらにロマンスフィクションには、多様なサブジャンルに区別されますが、これは物語設定とプロット内容によります。"(原文参照: RWA)


ロマンス小説の定義って…と想ったかもしれませんが、
こういう「定義」は意外とキーポイントだったりします

たまに「これロマンスじゃないよね…」というような内容があったりするんですが、
この定義と比べることで、ロマンス可否ができたり。

また、ロマンスはロマンスだけでなくて、
他のさまざまな要素が入ってきたりするんですが、
「このロマンスにこのシーンって?」というような意味不明な内容も、こういったルールがあることで、
理解するのを助けてくれたりします

そういった意味では、"ルールづけ"…つまりは定義というのは、
困ったときに使える優れものだったりするわけなのです。



次回は、ロマンス小説のサブジャンルを紹介します