ロマンスの夜明け

海外ロマンス小説紹介、ゲーム、ときどき雑記とかも。自由きままに更新しています

勝手に気になっている2016年1月~2月発売の海外ロマンス文庫

1月から2月にかけての海外ロマンス文庫をチェックしてみました

わたしが勝手に気になっている本を紹介します
 
まずはMIRA文庫から↓
2月発売予定の作品です

連鎖 (MIRA文庫)
J・T エリソン
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2016-02-09

 
MIRA文庫にしては、ちょっとシックな表紙の仕上がり
これを見たとき、キャサリンコールターの作品を思い出しました








キャサリンコールターさんは好きな作家のひとりです
「追憶」「幻影」「失踪」といったFBI刑事シリーズが人気ありますが、
わたしはロマンス系がお気に入りで、これらがオススメ↓

忘れられない面影 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション コ 5-14) [文庫]
月あかりに浮かぶ愛 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション)) [文庫]
涙の色はうつろいで (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) [文庫]
ゆれる翡翠の瞳に (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) [文庫]


続いては、ヴィレッジブックからの最新刊

時のかけらを紡いで
アマンダ・クイック
ヴィレッジブックス
2016-01-30


アマンダクイックは、アメリカンロマンスTIMESでも、
人気投票率が高い作家さん。

作品としては悪くはないのですが、わたしは読む機会があまりあわなくて…

なにがいけないのかわからんのですが、
たぶん、日本で翻訳出版されるタイミングなのかな、と思います

アマンダさんのは読もうとは思っていますが、
他の作品のほうがストーリーがおもしろかったりすると、どうしても後回しになってしまいます

1月下旬の発売のこの本は、ちょっと気になっています。



最後はMIRA文庫から
運命の王女をさがして (MIRA文庫)
ジョアンナ リンジー
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2016-02-09


こちらはキンドル電子書籍)でも発売されるので
キンドルで読んでみようかなと想っているところです

最近のロマンス文庫は、
売り切れたら次の入荷が入らないことが多いので、
気になる本があったら、即効ゲットしておく必要があります

ほしいなと想っている本は、たいてい売り切れることが多いので、
読者みんなが同じ様に想っているんでしょうね