読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンスの夜明け

海外ロマンス翻訳小説紹介、ゲーム、ときどき雑記も。

【読書紹介】波の数だけ愛して ジェイン・アン クレンツ (著)

本屋に行って、恒例の海外ロマンスコーナーをながめてきました

おや?と思ったのが、夏のサマーラブstoryシリーズ↓
こちらは、コンテポラリーといって、1冊の本に短編が2-3種類集まった作品集です



中でも気になったタイトルが"波の数だけ愛して"というもの もしや…と思って、ページをめくってみたら、やっぱり! もとはこちらの作品でした↓


わたしは、この"波の数だけ愛して"というタイトルが好きです

ロマンティックじゃないですか~!

舞台は、ハワイ。女性が都会から逃れるように来た…という設定です

都会にいたときにお付き合いしていた男性が、おっかけてきます

復活愛ですよ~まさに!

読みながら、テンションがグングンあがります

わたしがテンション上がったのは、やっぱりハワイという島が設定なこと

夏=島=バカンスというイメージ通りで、楽しませてくれた作品です

この作品、ハーレクインでは2009年に発売されました

6年前の作品ですが、わたしの中では色あせていません (^^)

またよみたくなりました