ロマンスの夜明け

海外ロマンス小説紹介、ゲーム、ときどき雑記とかも。自由きままに更新しています

ダークなヒーローに憧れて【読書オススメ】黒き戦士の恋人:JRウォード

多佳子です。ロマンス小説を読んでいくと、自分の中で「好みの男性」というのが決まってきます。わたしは、というと、"野性的でダーク"で強き人に憧れます。だからこんな作品に出会ってしまうと、しばらくロマンス脳天攻撃が炸裂中です↓ 黒き戦士の恋人 (二…

【読書レビュー】愛を告げる天使と 著)メアリ・バログ ※随時更新

【読書レビュー】愛を告げる天使と 著)メアリ・バログ多佳子です2016年3月発売の最新刊のレビューをお届けします。愛を告げる天使と (ライムブックス バ 2-7) [文庫]メアリ・バログ原書房2016-03-10※読み途中のため、追記しながら更新していきますここ…

3/8更新 : 海外ロマンスで読みたい本

多佳子です。 3月発売のライムブックス(原書房さん)の新刊を見逃していました。実は行きつけの本屋が、突然閉店してしまいました。そのため、新刊は新たに拠点を移して、別の本屋で入手しています。新しい本屋さんは、ロマンス系の本は比較的在庫を多くい…

3月のロマンス最新刊、発売されていた

3月発売の海外ロマンス、 最新刊のチェックもれがありまさした。 うっかりしておりました… 本屋で知ったとき、 思わず「あ!」と声を上げそうになりました…(汗) あぶないあぶない。 海外ロマンスは山積みされるほどの本ではありませんが、 コアなファンは…

勝手にランキング!海外ロマンス小説・ベスト番外編 ※3/1更新

●勝手にランキング!海外ロマンス小説・ベスト番外編 ※3/1更新淑女のみなさま、ごきげんよう。Always Yoursの多佳子です。「海外ロマンス小説ベスト5」として、勝手にランキングしたところ、多くのアクセスを毎月いただいております。ご訪問ありがとうござ…

【読書レビュー】誘惑の夜におぼれて 著)ステイシー・リード

【読書レビュー】誘惑の夜におぼれて 著)ステイシー・リード 誘惑の夜に溺れて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション)) [文庫]ステイシー・リード二見書房2016-02-22※最終更新:3/1【かんたんなあらすじ】1882年 冬。アンソニー…

【海外ロマンス】メアリ・バログお気に入りベスト5

お気に入り作家さんの紹介「メアリ・バロク」さんです。メアリ・バログさんといえば、"ヒストリカルロマンス"という代名詞が来るくらい、おすすめです。メアリバログさんは、イギリス・ウェールズで育ち、現在はカナダに夫と一緒に住んでいます。ヒストリカ…

表紙も見逃せない!感情を盛り上げる海外ロマンス表紙

このブログで人気な"海外ロマンス・勝手にランキングシリーズ"今回はお気に入りの表紙シリーズでいきたいと思います。好きな作家さんの場合は、タイトルみなくても、新刊ならば迷わず買いですが、初めて買う著者の場合は、判断に迷います。そこで、判断の決…

【参考】海外ロマンス翻訳作品 出版社一覧

海外ロマンス翻訳作品 出版社一覧(2016年1月現在)日本で発売される「海外ロマンス翻訳作品」の出版社一覧です数年前のピーク時に比べると、発行作品数と発行頻度が、だいぶ減りましたそれでも定期的に発行してくださるだけでも、ファンとしては大変あ…

【ロマンス小説】恋愛中心の小説とそれ以外のロマンス

今日紹介するのは、「恋愛中心物語」とそれ以外のロマンスについてアメリカンロマンス作家団体は、次のように定義しています内容を要約してご紹介します恋愛中心の物語(A Central Love Story)・主人公が恋に落ちること・恋愛関係に葛藤・奮闘すること・恋愛…

【ロマンス小説】アメリカン・ロマンス小説の定義

アメリカには、"Romance Writers of America"という、ロマンス作家を紹介するサイトがあります。そこで定義している「ロマンス」について紹介します"米国ロマンス作家団体"によると、"ロマンス小説には、2つの要素で基本的に構成されている。ひとつ目は、ラ…

1/18付け:アメリカン・ロマンス小説ベストセラー

2016.01.18現在、ニューヨークタイムズ、パブリッシャーズ・ウィークリー、USA TODAYでのベストセラーリストですCatherine Anderson, New LeafPamela Aares, Game for Romance: Books 1-4 of the Tavonesi SeriesKristen Ashley, SebringShayla Black and Le…

勝手に気になっている2016年1月~2月発売の海外ロマンス文庫

1月から2月にかけての海外ロマンス文庫をチェックしてみました わたしが勝手に気になっている本を紹介します まずはMIRA文庫から↓2月発売予定の作品です連鎖 (MIRA文庫) [文庫]J・T エリソンハーパーコリンズ・ ジャパン2016-02-09 MIRA文庫にしては、ち…

2016年1月海外ロマンス新刊発売で気になること。

今週は雪が降ったりと、長く感じる1週間でした週末はまた寒くなり、週明け月曜日も寒さが続きそうですねさて、1月21日に二見書房さんより、新刊ロマンスが発売されました早速購入しましたよ~即刻読みたかったのですが、夜遅かったので週末に、ゆっくり…

【読書レビュー】永遠の愛の囁きを 著)エリザベス・ホイト

【読書レビュー】永遠の愛の囁きを 著)エリザベス・ホイト2016年最初のレビューとなります。※ただいま編集中です※注意: ネタバレ含みます永遠に愛の囁きを (ライムブックス) [文庫]エリザベス ホイト原書房2016-01-08

勝手に注目している2015年12月発売の海外ロマンス

2015年12月に入りました1年はあっという間ですねさて、2015年12月に発売される「海外ロマンス」わたしが勝手に注目している、これから発売される「海外ロマンス」をご紹介します今年最後も海外ロマンスを読みながら満たされてみたいなと思っています

【読書レビュー】恍惚のスパ 著)リン・シルバー

【読書レビュー】恍惚のスパ 著)リン・シルバーハーレクインデジタルの紹介ですあらすじや感想には、ネタバレを含みます 【かんたんなあらすじ】親友と食事をしたとき、「誕生日のお祝いに」とマッサージ体験ができるチケットをもらうヒロイン・キャサリン…

【読書レビュー】暗闇バイブレーション 12シェイズオブナイト 著)エデン・ブラッドリー

【読書レビュー】暗闇バイブレーション 12シェイズオブナイト 著)エデン・ブラッドリーハーレクインデジタルのレビュー感想やあらすじには、ネタバレを含みます 【かんたんなあらすじ】夜行列車に乗ったヒロイン・ケイト。ケイトには列車にのるとひそかな…

【読書レビュー】真夏の夜のお仕置き 12シェイズ・オブ・ナイト 著)アン・カルフーン

【読書レビュー】真夏の夜のお仕置き 12シェイズ・オブ・ナイト 著)アン・カルフーン ハーレクインデジタルからの読書レビューです あらすじや感想には、ネタバレを含みます 【作品概要】 紙のページ数:35ページ電子書籍(スマホ)NO.717 原題: Unde…

2015年10月:過去現在…最近気になる海外ロマンス小説

わたしのこだわりで、海外ロマンスを読むときは、雰囲気作りが大事!ロマンスの世界に、ジックリ浸りたい、と思っています 夜、ソファでくつろぎながら、お気に入りのアロマやキャンドルをともす…というのが、わたしの「海外ロマンス」の読み方ですここまで…

ハーレクインデジタルがお気に入り

海外ロマンス小説をじっくり読みたいのですが、最近腰を据えて読める時間が、あまりとれません読書は、じっくりと浸りたいものですから、やっぱり静かな部屋で堪能したいのが、わたしのポリシーですだから公共の場で読むのは、ロマンスの場合は、ややはばか…

【読書感想】誘惑のチェス・ゲーム 著:リン・グレアム

【読書感想】誘惑のチェス・ゲーム 著:リン・グレアム 久しぶりのハーレクインさんのレビューですロマンスは一度入ると、かなり長い間楽しめますでも、途中で飽きてくるのですよね…(わたしだけかも?)そしてしばらくすると、やっぱり読みたくなるんです女…

【読書紹介】波の数だけ愛して ジェイン・アン クレンツ (著)

本屋に行って、恒例の海外ロマンスコーナーをながめてきました おや?と思ったのが、夏のサマーラブstoryシリーズ↓ こちらは、コンテポラリーといって、1冊の本に短編が2-3種類集まった作品集です 中でも気になったタイトルが"波の数だけ愛して"というも…